桑原ゆうの顔写真

to Yu Kuwabara biography in English

桑原 ゆう (くわばら ゆう)

現代音楽の分野を中心に活動する作曲家。1984年生まれ。

小中学生時代は主にエレクトーンで音楽を学び、ジュニアエレクトーンコンクール2000全日本大会高校生部門金賞受賞、インターナショナルエレクトーンコンクール2003 B部門第2位など、入賞歴やコンサート出演歴多数。

2007年、東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業し、アカンサス音楽賞受賞。2009年、同大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。佐藤眞、久行敏彦の各氏に師事。また、 International Ensemble Modern Academy (2005、2008-2011/東京)、Schloss Solitude Summer Academy (2007/シュトゥットガルト) 、IMPULS academy (2013/グラーツ)、International Summer Course (2015/ダルムシュタット) 等で、Liza Lim、Hanspeter Kyburz、Chaya Czernowin、Steven Kazuo Takasugi の各氏に学ぶ。2009年度トーキョーワンダーサイト国内クリエーター制作交流プログラムに選抜され、2009年から2010年にかけてトーキョーワンダーサイト青山クリエイター・イン・レジデンスにて活動を行う。
第74、75、78回日本音楽コンクール作曲部門入選、第9回東京国際室内楽コンクール入選、シュテファン・フッソング アコーディオンワークショップ公募入選など。作品は、日本とヨーロッパを中心に、コンサートやフェティバル等で初演、再演されている。2015年3月まで桐朋学園大学非常勤講師を務める。

同世代の演奏家とともに、クリエイショングループ「淡座」を立ち上げ、2011年11月、古今亭志ん輔氏をゲストに、淡座旗揚げ公演『噺×現代音楽』をbe off(宇都宮)と紀尾井小ホール(東京)にて行なう。その後も志ん輔氏との公演を重ねている。

テナーリコーダーとアコーディオンのための《Doll-Blind》、フルートとアコーディオンのための《Doll-Blind b》がドイツのEdition Wunnより出版されている。
Edition WunnのAkkordeon-kammermusicのページより購入可能です。
Doll-Blind für Tenorblockflöte und Akkordeon (5), 2 Partituren
EW_25019 Einzelpreis: 24,00 €
Doll-Blind B für Flöte und Akkordeon (5), 2 Partituren
EW_25023 Einzelpreis: 24,00 €

鈴木道子氏のファッションブランド「Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.」「YMOYNOT」のランウェイショーの音楽制作をたびたび担当。
池田雅延、茂木健一郎の両氏による、小林秀雄を学ぶ『池田塾』一期生。

桑原三姉妹